top of page

「赤ちゃんにやさしい病院の話」

日本では、今までに67施設が「赤ちゃんにやさしい病院:BFH」の認定を受けております。当院も2009年にその認定を受けました。認定された施設の小児科の先生のお話です。認定施設によって多少の違いはありますが「赤ちゃんにやさしい病院」では、赤ちゃんとお母さんにどのような支援を行っているか知るきっかけにしていただければ幸いです。


下の「QRコード」を読み取るか、「URL」にアクセスすると Youtube で視聴できます。


予告なしに、内容が変わったり、配信が終了することもあります。ご了承下さい。





令和3年12月29日




閲覧数:63回0件のコメント

最新記事

すべて表示

高血圧・高脂血症・糖尿病 で通院中の患者さまへ

*診療報酬改定に伴う特定疾患管理料から生活習慣病管理料への移行についてのお知らせ* 2024年5月15日 年々増加する生活習慣病対策の一環として、厚生労働省は 2024年 6月 1日に施行される診療報酬の改定に際し、これまで診療所で算定してきた『特定疾患管理料』の対象疾患を 見直しました。 このことにより「高血圧、高脂血症、糖尿病」のいずれかで通院中の患者さまにおかれましては、2024年 6月 1

医薬品の安定供給に係る取り組みについて

医薬品の安定供給に係る取り組みについて     2024年5月15日 当院は、後発医薬品の使用促進を図るとともに、医薬品の安定供給に向けた取り組みなどを 実施しています。 現在、一部の医薬品について十分な供給が難しい状況が続いています。 当院では、後発医薬品のある医薬品について、特定の医薬品名を指定するのではなく、 薬剤の成分をもとにした一般名処方(処方箋にお薬の「

《 HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)のキャッチアップ接種に関するお知らせ(2024年4月) 》

令和3年11月26日より、HPVワクチン接種の積極的勧奨が再開されました。 HPVワクチンの積極的な勧奨の差し控えにより接種機会を逃した女性に対して公平な接種機会を確保することを目的として、キャッチアップ接種が実施されています。 対象は、HPVワクチンの積極的な勧奨を差し控えている間に定期接種の対象であった 1997年度生まれから2006年度生まれまでの女性(2024年4月時点)です。 実施期間は

Comments


bottom of page